医療関係の方へ

ちば治験・臨床試験ネットワークに
参加されている医師の方へ

当院では、平成16年度より、治験推進地域ネットワーク事業(ちば治験・臨床試験ネットワーク)への助成を独立行政法人医薬品医療機器総合機構(厚生科学研究費)より受け、大学病院と地域の医療機関をむすんだ臨床試験を推進しております。これは、大学病院単独で治験・臨床試験を実施して行くことより、地域の医療機関の先生方とともに行っていくことが、より大きな成果を生み出すことが可能であるとの考えのもとに推進をしております。
現在、専門性に基づいた疾患群別のネットワークを構築しております。本ネットワークの特徴は、専門性に基づいたネットワークを大学病院、地域の基幹病院、開業医の先生方と構築して行くことにあります。そして、千葉から情報の発信をして行くことが最終的な目標です。
製造販売後の自主臨床試験を多くの医療機関と結んで実施することは非常に大きな成果を生むことが期待されます。大学病院のみで行う場合の数倍の患者さんのデータを集積することによってより正確な有効性および安全性データを集積することが可能となります。これは治験についても同様です。そこで臨床試験部では治験、自主臨床試験にこだわらず、すべての臨床試験について多くの医療機関と連携をしながら実施を推進して参ります。

ちば治験・臨床試験ネットワーク

CANVASについて

CANVASは、千葉大学臨床試験支援システム(Chiba University Clinical Study Support System; CANVAS)の略称で、インターネットをもちいた臨床試験支援システムです。これによって、参加されている治験を含む臨床試験の進捗状況を確認することができます。登録および閲覧方法には、専用ソフトとパスワードが必要です。

CANVAS

ページの先頭へ

Copyright © 千葉大学医学部附属病院 臨床試験部. All Rights Reserved.